DSC_0910.JPG

 About Us 

​神社の概要

大谷仁秀

宮司

【沿革】

江戸時代終わりの1864(元治元)年、蝦夷地をまもるため、幕府が函館市神山の地に建立。蝦夷三官寺のひとつである日高・様似の等澍院から東照大権現(徳川家康公)を遷座しました。

箱館戦争では新選組の土方歳三らも参詣したと伝えられています。

幾多の変遷を経て、1992(平成4)年に現在地の函館市陣川町へ移転。日本国経済発展と世の平安を祈願しております。

IMG_1867.jpg